hdlogo_sub
代表取締役社長 増江世圭

商社でもあり、メーカーでもあることが当社の強みです

加賀木材のWebサイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。

当社は明治33年から続く材木商です。最大の強みは、商社としてモノを流通させるだけではなく、地元の木材資源を有効に活用したオリジナル性の高い商品を作ることができる、いわゆるメーカー機能を持っていることです。具体例としては、石川県の県木でもあり、能登地方を中心に分布している「能登ヒバ」という木材を使って、住宅資材や日用雑貨などを開発していることや、「もえんげん®」(※金沢弁で「燃えませんよ」という意味)という不燃木材を生産しております。

不燃木材を製造するにあたっては、10年以上の歳月をかけて地元金沢工業大学と連携。他社ではできない「スギ集成不燃材」の開発に成功し、国交省の大臣認定という厳しい基準をクリアしております。これら不燃木材を安定供給するために、2016年春に自社工場を能登半島志賀町に新設し、量産体制を整えております。

考え方の根本は「山への恩返し」という想い

不燃木材を世に送り出したい。その根底には、当社が恩恵を受けている“木”の源である「山に恩返ししたい」という想いがあります。バブル崩壊後に起きた日本の林業の衰退と山の荒廃。その影響は、頻発する土砂災害や、鹿や猪を代表とする野生動物による農産物の被害の増加を見ても明らかです。「何とか、山を健全な状態にするために私たちでできることはないか」そう思いをめぐらせ、山に放置されていた杉の小径木や根曲材を使った不燃木材の開発に着手しました。

今後は不燃木材「もえんげん®」を金沢のみならず、全国の公共物件や建築物へ導入していただけるよう、認知を広め、それによって能登地方の雇用創出にも貢献できればと考えています。

木材の新たな可能性にチャレンジし、
森と地域の豊かさに貢献します

住宅資材とは別の分野の事業にも着手しています。ひとつは、能登地方のヒバ材に注目した一般消費者向けの商品です。能登ヒバの成分(ヒノキチオール)を活用したアロマオイル、シューキーパー、玩具など、普段の暮らしの中で森の豊かさを感じられる、木と親しむことができるような商品をお届けしてまいります。森と人が共生できるような社会を子から孫の代へ受け継ぐことができるよう、木に携わる一企業として使命感を持ち続けてチャレンジしてまいります。