hdlogo_sub
加賀木材は、木を育む山の環境に配慮し、自らの事業活動を通じて地域社会の持続的な発展に貢献したいと考えております。
高い品質の木材や製品を安心して使い続けていただくために、世界トップクラスの環境認証を取得しております。

日本の国土の面積の約3分の2は森林が占めています。
古来、森林は林業に従事する人々によって大切に守り育てられ、生態系の礎となってきました。しかし、昭和39年の輸入全面自由化以降、輸入木材に圧される形で国産木材の使用量が減少。そのため林業が後退し、人の手が入らないまま荒廃する森林が増え続けています。

豊かな森が失われていくことはすなわち、山崩れ等の災害に対する懸念だけでなく、環境が変わることによってそれを住処としていた固有の生物が絶滅の危機に瀕する等、生態系が崩れることにつながりかねません。そのためには、「適切な森林管理」(“Well-Managed”)が必要とされています。
加賀木材は適切に管理された森林から製材された木材を、加工・流通することで社会的責任を果たしていきたいと考えております。

FSC®/PFEC認証を取得済み

加賀木材が認証を取得しているのは、FSC(Forest Stewardship Council®: 森林管理協議会)とPEFC(Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes)の2種類です。

どちらも適切に管理された森林を認証する制度で、認証された森林から産出された林産物の適切な加工・流通を認証するCOC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)認証を取得しています。

伐採の段階から非認証製品・原材料とは明確に区別され、管理・加工を行い最終製品になるまで厳しい管理体制のもとで製造されます。消費者の方々が、これらのロゴマークが付いた製品を選択し積極的に購入することで、責任ある森林管理を行なっている森林・林業経営者を支援することができるのです。そして、それが世界の森林保全へとつながっていきます。